音立日子(おとたちひこ)


世界の恒常的な平和と幸せを祈り、声・身体・楽器を通して体現。
大学在学中に起きた臨死体験以降、音楽が流れて来るようになる。
曲を体得する過程で意識の拡大を経験し、形而上の概念『次元』を提唱。ニューヨークのスキッドモア大学においてゲストレクチャーを行う。

多分野芸術の祭典『多次元フェスティバル』を東京・ニューヨーク・ベルリン・ブエノスアイレスで開催。
アジア・ヨーロッパ・北米・南米ツアー、フェスティバル出演多数。
音楽グループ『UBI&FU』、ソロ名義『UBI&OTO』『DJ 遍在』としても活動。2015年に『ゆび きたす』より改名。

OTO in Buenos Aires, taken by Juanjo Archi
OTO in Buenos Aires, taken by Juanjo Archi


音楽フェスティバル出演・活動歴

2011年 Indie Week (カナダ)
2012年 春天吶喊Spring Scream (台湾)

 NXNE (カナダ)

2013年 春天吶喊Spring Scream (台湾)

 NXNE (カナダ)

2014年 Midi Festival迷笛 (中国)

 Indie Week (カナダ)

 Skidmore大学にてレクチャー&パフォーマンス(アメリカ)

2015年 Art Basel (スイス)

            Gentse Feesten (ベルギー)

2016年 KYOTO EXPERIENCE (日本)

    Bicentenario Matsuri (アルゼンチン)

2017年 愛媛県東温市にて滞在制作(日本)

 

他、中国・アメリカ・ヨーロッパ・南米滞在中に現地の音楽家へのレコーディング・楽曲提供・ライブ・フェスティバル出演等を行う。

 


多次元フェスティバル開催歴

第1回  2013年  東京
第2回  2014年  ニューヨーク (アメリカ)
第3回  2015年  東京、ベルリン (ドイツ)

第4回  2016年  東京、ブエノスアイレス (アルゼンチン)


ディスコグラフィ

 ▼ UBI&FU (FU / えふゆー / 得浮遊) 
 2006年  Love Divine
 2008年  Love Children
 2010年  Love I Love
 2011年  On The Earth〜地球にて〜
 2012年  10th Anniversary EP

 ▼ UBI Quitous (ゆび きたす / 遊日 氣多寿) 
 2013年  The UBI Quitous World ゆび きたす世界

 

 ▼ 音立日子 

 2016年 The SOund Of OTO 音の音

 2017年 多次元曲集 序 The Multidimensional Songs Initiation


レビュー

▼ 'Round Magazine / アメリカ
「グラミー受賞プロデューサー、マルコム・バーンとともに制作され、
このバンドによって成し遂げられた音を分類することは不可能である。発明された言語で歌う芸術の神を考えてみよう。」
 
▼ Music Psychos / カナダ
「彼等の革新的なメロディーと比類のない歌唱法に魅了された。かつてこんなものは観たことがない。」



OTO tachihiko (aka UBI Quitous) is a performer and producer working to bring peace and happiness. OTO connects human beings with the multi-verses through voice, body, thoughts and music.  He sings in the ancient Japanese vocal style called Yuri, or Nabiki, traditionally used in Noh, a major form of classical Japanese musical drama that has been performed since the 14th century.  Inspired by his dreams and ancestors, OTO uses spirituality and a philosophy of metaphysical thought to explain our world within the cosmos of dimensions and energy.

OTO is the founder of Tazigen Festivals: Tokyo 2013, New York City 2014, Berlin 2015 and Buenos Aires in 2016. He has performed as a solo artist and with his band, UBI&FU, at art and music festivals worldwide and has toured extensively in Asia, Europe, Japan, North and South America.  OTO has appeared as a guest lecturer at Skidmore College in USA.

OTO at Tazigen Festival, taken by Shinji Tanaka(Luz-p.o.)
OTO at Tazigen Festival, taken by Shinji Tanaka(Luz-p.o.)


Festival and other appearances

2011 Indie Week (Canada)

2012 SpringScream (Taiwan), NXNE (Canada)

2013 SpringScream (Taiwan), NXNE (Canada)

2014 Midi Festival (China), Indie Week (Canada)

         Guest lecturer at Skidmore College, NY (USA)

2015 Art Basel (Switzerland), Gentse Feesten (Belgium)
2016
Kyoto Experience(Japan), Bicentenario Matsuri (Argentina)

2017 Artist in residence in Toon city, Ehime (Japan)


Tazigen Festival history as the organizer

Vol. 1 (2013) Tokyo, Japan

Vol. 2 (2014)  New York, USA
Vol. 3 (2015)  Berlin, Germany & Tokyo, Japan
Vol. 4 (
2016)  Buenos Aires, Argentina & Tokyo, Japan


Discography

UBI&FU (aka FU / えふゆー / 得浮遊)
2006  Love Divine
2008  Love Children
2010  Love I Love
2011  On The Earth
2012 10th Anniversary EP

 
UBI Quitous (ゆび きたす / 遊日 氣多寿)
2013  The UBI Quitous World

音立日子 OTO tachihiko

2016   The SOund Of OTO
2017   The Multidimensional Songs Initiation


Reviews

 ” It’s not possible to really categorize the sound achieved by the band, working with Grammy Award winning producer Malcolm Burn.

 Think Muse with invented language.

(’Round Magazine / USA)

 

“I was hypnotized by their innovative melodies and unique singing style. I have not yet seen anything like this before."

(Music Psychos / Canada)